スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不幸は続くと言うが・・・

驚愕です。
7月の暑い日。 主人の姉は、亡きご主人の弟さんのお葬式に参列されたそうです。
それから、五日後に、入浴中に急死された。

主人と息子と姪で、四十九日の法要と納骨とお別れ会を、
つい先日の10月9日にすませたばかりだった。

それから、四日後の夜、姪から電話!
「夕食の支度が出来たと部屋に、行ったら、・・・・。」
警察の検視の結果、姉と同じ 虚血性心不全とのこと!
「一瞬のことで、苦しまなかったそうです。」

主人が、「俺一人になった。」とボソット一言。

息子宅に電話した。
息子は、まだ帰宅してなかったので、お嫁ちゃんに、「御祓いでも、しなければ・・・と」と言ったら
「お母さん、大丈夫です!」
「お父さんは、まだ私達皆から、頼りにされていて、必要とされているので!」
その一言を聞いて、「な~るほど、こんなうれしい言葉は、ない!」と感激した♪
主人も、こんなうれしい言葉は、ないと思う!
私も、主人を大事にしなければ。
スポンサーサイト

テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

お別れ会

kujyakusou.jpg.jpg

暑い日が続いていた8月初旬、
東京で一人暮らしの主人の姉が住んでいるマンションの管理人から、
「新聞が溜まっている」が、
との連絡を受けてから、いろいろと大変でした。

ご主人を三年前に亡くされているし、子供がいないので、
全てのことが、兄弟に任されるのである。
姉と仲の良かった東京在住の弟が、世話をするのであろうと思っていたが、その弟が体調を崩していて、外出できない・・・

やっと昨日、四十九日の法要と納骨とお別れ会をすませた。
東京のお寺は、土日しか法要をしないのでは?と思われるようで、随分待ったような感じだが。

姉のお友達から、「8月は、夏休みで9月に、浮世絵研究会にご一緒するはずだったが、来られないが・・・」と、同窓会名簿を頼りに、主人の名前を捜して、問い合わせの電話があったりで、お友達に、連絡をすることが、兄弟とは言え、難しい。

息子が、東京に勤務しているので、本当にいろいろと細かく手配をしてくれた。
納骨に際しては、前日に、石屋との打ち合わせがあり
墓地に行く時の皆様のハイヤーを何台も予約してくれ
お別れ会のレストランを墓地の近くに見つけて、予約してくれ、
お別れ会の司会をしてくれて和やかな雰囲気だった。

姪は、弁護士に頼む仕事をしてくれたり、難しいことを引き受けてくれている。

息子と同居は、してないけれど、こんなにいろいろと手伝ってくれて、本当に幸せだ。
夜、お嫁ちゃんが、電話で「お母さんは、息子さんを、惚れ惚れと眺めていれば良かったのね。」と言ってたが。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

プロフィール

ひろこ

  • Author:ひろこ
  • 趣味は、ダンス・写真・コーラス♪

    お心に響いた時は、ポッチと拍手のボタンを押して下さい。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。