スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹取物語 男性編

我家に下宿していた孫が、無事めでたく卒業して、社会人として巣立ってゆきました。
竹取物語男性編として、覚悟してましたが。
若き青年と一緒に過ごせた私は、元気をもらって、今の生活について行けないことがたくさんあったが、
いろいろと教えてもらい、楽しかった。

卒業旅行を兼ねて、私の里帰りに付き添ってくれた・・・
広島県福山市に住む弟宅に一泊して、弟の車で、福山市を案内してくれた。
福山市鞆の浦で町並み ひなまつり開催中で、お雛様が至る所に飾られていた。

鞆の浦漁港
IMG1-9999_75.jpg

IMG1-9999_80.jpg

翌日の帰途、大阪に。
空中庭園へ。
その響きは、どこかミステリアスでロマンティック。
庭園といっても木は生えていないし、花も咲いていません。
そこには、ただ空があるだけ。
高みに登り、都市を眺め、宇宙を感じ、その中にある「自分」を想う。
日の光を浴び、風に髪をなびかせ、空の只中にあることを実感する――。 空中庭園とは、そんな「庭」です。

「塔」としての建築から生まれた、現代版「バビロンの空中庭園」。
ここで何を楽しみ、何を感じるかはあなた次第。
単なる高層ビルの「展望台」を超えた、幻想的な世界へようこそ。
検索したら、このような説明文がありました。
IMG1-9999_4.jpg

IMG1-9999_3_20170419222700dc1.jpg

IMG1-9999_14_20170419223634072.jpg

IMG1-9999_15.jpg

IMG1-9999_23.jpg

IMG1-9999_19_201704192243329a8.jpg


スポンサーサイト

五月晴れに咲く花

germanairis-ffss.jpg「ジャーマンアイリス」


tuyukusa-a.jpg庭に咲く「つゆくさ」



yuugeshou-ffss.jpg庭の草取りの時、可愛らしいので残しておいた雑草のようだけれど・・・




roberiya-1.jpg鉢植えのロベリヤ



友の菜園に咲いてた花菖蒲です。
hanashoubu.jpg





hiruzakitukimisou.jpg「昼咲き月見草」



akiyamabara_20120619130430.jpg「お隣宅に咲いたバラ」



amariris-s.jpg「アマリリス」



arumeriya_20120619130747.jpg「アルメリヤ」



burasinoki-ffss.jpg友人宅の「ブラシの木」



hakuchouge_20120619131346.jpg「ハクチョウゲ」



kujyakusaboten.jpg「くじゃくサボテン」










テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

タンゴな夕べ

dance.jpg
昔 英語塾の教え子で体育大学の舞踏科を卒業してコンテンポラリーダンスの先生をしながら 今 社交ダンス教室で一緒にレッスンも受けている良き友達がいる。
その彼女からの招待で
「小松亮太・スペッシャルトリオ」のコンサートに行き、感動しました。
バンドネオンNO.1奏者が送るタンゴな夕べ
歯切れの良い明るいタンゴは、大好き!
そのタンゴの曲の中の、バンドネオンの音色が好きだ!
今日初めて、そのバンドネオンだけの演奏が聴けて感激!
マイナーな楽器であるバンドネオンを
小松亮太は、独学で14歳より独習。

1998年、ソニーより衝撃的なCDデビューを果たす。
共演は、ピアソラと共に活動したタンゴ界のトップアーティスト達。
タンゴを若い世代にブレイクさせる引き金となり、同年のツアーは、圧倒的な人気を得た。
1999年、カーネギーホールでのコンサートに招かれ、アメリカデビューを果たした。
2000年、NHK交響楽団と初共演する。
2003年、ブエノスアイレスでライブを行い、熱狂的な反応をよんだ。
ブエノスアイレス市音楽文化管理局などから表彰される。
・・・・・・

このように素晴らしい活動をされてることを知り、納得。

話術が面白くて、楽しい!
「バンドネオンとアコーデオンの違いは、うどんとそばのようなもの。」だそうです。

今日の共演者は、ギターの演奏家として南米・北米ヨーロッパで活動するレオナルドブラボー

コントラバスの田中伸司氏は、室内楽を中心に音楽活動を開始して、スタジオミュージシャンとして活動され、
小松亮太氏のユニットにも参加、更なるタンゴの奥義も追求中。

素晴らしいミュージーシャン達との素晴らしいバンドネオンの演奏に酔ったひと時でした☆。・:*:.・★,。・:*:.・☆♪

ちぎり絵「びゅうお」

viewo.jpg


この沼津港大型展望水門「びゅうお」は東海地震の津波対策として、2004年9月に建設された。 新たな観光スポットとなっている。
「VIEW(眺め)と「魚(うお)」からの造語です。

ネッ友の「はなの旅暦」のはなさんが、「ライトアップしたびゅうお」を撮られて、暮れの挨拶のカードにして届けて下さった。

宝石のような色彩に、惚れて、ちぎり絵にしてみた!

はなさんの感想は、
「私の写真よりもず~っと優しくって綺麗なびゅうおです。
こんな色合いの写真を撮りたかったのよ~♪
だから、とってもうれしいです!」

ネッ友の翠雲さんは、「日没の、紫・ピンク・赤…その光の彩を美しく捉えておられますね。
単純な形をしているものだから、ちぎり絵で描くのは却って難しいでしょうに~」

との言葉がうれしかった。

油絵の先生が都合で止められてから、
手先を使うとボケ防止になるとのことで、ちぎり絵を始めて6年位になる。
和紙の色彩の美しさに惹かれて、今は、創作和紙絵を楽しんでいる。

はなさん撮影の「びゅうお」です。s-1199099977.jpg

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

お祭り当番

自治会主催の秋祭り!
近所の幼稚園生の年長生60人による鼓笛隊の可愛い演奏で始まった。
我が孫は、離れて暮らしているので見れないせいか・・・
いつも涙が出るくらい可愛らしさに感激♪

今年は、お祭り当番組なので、早朝から準備で忙しい。
年々、この地区も、高齢化してきたので、少しずつ縮小化しながら~~
午前中は、子供神輿が町内を練り歩き~~
午後から公園で、盆踊りや模擬店がたくさん立ち並らぶ。
それぞれの係りの手作りの、焼きそば・おでん・焼き鳥・おだんご・五目御飯・・・・

当番組は、ハッピを着て、盆踊りを率先して踊り、お祭りの雰囲気を盛り上げた!

踊りの同好会に入っているので、黒のお祭りのTシャツを着て黒いズボンに、白足袋を履き
赤い大きなたすきを結び、公園で、輪踊りで、「大漁うたいこみ」とカスタネットを使った「はいやー節」を披露した。
今日は、この近辺各地でお祭りがあるので、踊りの先生は、こちらに来れなかったけれども、
無事みんなで楽しく踊れた!
アンコールも\(^o^)/

沼津市の阿波踊りの会のメンバー40人による阿波踊りは、圧巻だった!
その素晴らしさに酔いしれて、私たちも輪踊りで一緒に踊らせていただいた\(^o^)/

福引は、
5等と6等は、当選番号が掲示された。
私の番号はない~~
次に、3等と4等も掲示されたが、ない~~
と言うことは・・・1等か2等かな~~と喜んだら
それでもなくて、ハズレだった!
でも、空クジなしと言うことで「ペーパータオル」をもらって、8時半頃帰宅。

9年前の当番の時は、主人が会計の仕事をさせていただいたが、
今年は、足腰が弱って・・・私の踊りを見に来てくれただけ。。。





kakitubata.jpg
プロフィール

ひろこ

  • Author:ひろこ
  • 趣味は、ダンス・写真・コーラス♪

    お心に響いた時は、ポッチと拍手のボタンを押して下さい。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。